変動金利の危ない失敗例!リスクの高い変動金利

banner

どうして変動金利が危ないの?




住宅ローン借り換えの時、審査を出来るだけ通りやすくする為に、予め他のローンやリボ払いしているものの返済をするべきです。
日頃私達が利用のクレジットカードは、個人信用情報とし記録されており、ローン変更時、このクレジットカード情報の確認を金融機関で行うのです。
万が一、延滞した事があるなら、過去五年間の記録が残っており、延滞した事がありだと、ローン変更する審査に通過しずらくなる故、要注意。
つまり、ローン変更の為の条件の一つとし、延滞記録が残ってない事が挙げられます。
尚、車のローンや買い物でのリボ払い残高等があったら、借り入れの事も判明する為、予めの申し出ておくべきです。
他に高額の借り入れがあるなら、住宅ローン借り換えが不可な事もある為、可能な限り完済しておくべし。
完済が無理でも、可能な限り返済残高を少なくしておくべし。

借り換え金額の減額

ローン変更するなら、他の借り入れ金額の減額か完済するのも条件の一つとなる筈です。
尚、ホムロンといった住宅ローン借り換えサイトや金融機関によりますが、クレジットカードのキャッシング枠も借入金と見なされる事も。
もしも、利用せずなクレジットカードが多くあるなら要注意!
日頃利用せずのクレジットカードは可能な限り解約を!
住宅ローン借り換えの条件をクリアにするには、予めの自分のクレジットカード確認が必須です。尚、その他の借入金の返済も大事です。
ホムロンURL【ホムロンhttp://jyutakuloankarikae.net/】

住宅ローン借り換えの際、審査は借入れた人とその住宅。
住宅の担保保証が相当低いなら、借入れた人が返済能力ありでさえ、借り換えを断れる可能性有りです。
尚反対に住宅担保評価の問題無しであっても、借入れた人に返済能力無しとの判断の場合、住宅ローン借り換えは不可です。
中でもローン変更の際、住宅担保評価より、借入れた人の信用が問われるのです。

担保評価が下降気味

なぜかというと、不動産価格が下落の我が国は、担保評価が下降気味にある為です。
それ故、物件条件はゆるくなってても、その分借入れた人が信用可能か否かが問われます。
信用可能な人か否かは、ローン変更する時の条件です。
ローン変更する際は、今までの延滞記録を確認されます。

今までの延滞の記録無しという事もローン変更時の条件になり、もしも、延滞有りだったら、ローン変更はかなり厳しいでしょう。
今までの延滞の事実を自己申告する人はいない筈ですが、延滞の記録は、信用期間を通じ銀行同士で共有となってます。

ということは、自己申告無しとも延滞記録は伝わるのです。延滞には、それだけの理由ありでしょうが、住宅ローン変更を検討するなら、
出来るだけ延滞はしないようにするべし。特に確認不足で延滞という事もあるため、確実に確認を毎回しておく事が大事です。

Copyright(c) 2013 変動金利の危ない失敗例!リスクの高い変動金利 All Rights Reserved.